取扱商品一覧

<所在地>
本社: 〒581-0039 大阪府八尾市太田新町3丁目28番地 TEL 072-949-3560(代表) FAX 072-948-1021
東京営業所:
〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目6番地2号 ロイビル赤坂5階 TEL 03-3560-9003 FAX 03-3560-9004
<傍系会社>
株式会社南浦工芸社 581-0039 大阪府八尾市太田新町3丁目30番地 TEL 072-948-1020 南浦興産株式会社 〒581-0863 大阪府八尾市大字大窪1192-8 TEL 072-949-7566 南浦興産株式会社 韓国支社 1F FIL VIEW 337-1 ONCHEON-1DONG DONGNAE-GU BUSAN 607-834 KOREA TEL 82-51-515-8654 FAX 82-51-515-8656

製品情報

弊社が取扱っている製品には、PET(ポリエチレンテレフタレート)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)、PC(ポリカボーネート)、PS(ポリスチレン)、PMMA(ポリメタクリル酸メチル)などがあります。 その中でも特にメジャーな3点と環境保護対応素材の製品をご紹介します。

PET

正式名:ポリエチレンテレフタレート

【クリアな透明感】
従来の透明包装材である塩化ビニルやポリプロピレンと比較すると、はるかにクリアで高級感のある透明性と光沢があります。そのため、商品をよりイメージアップさせる包装材料に最適です。

【優れた印刷性】
表面に粉を噴霧していませんので、あらゆる種類の印刷に対応できます(オフセット、シルクスクリーン、グラビア印刷及びホットスタンプに対応)。

【環境にやさしい】
ダイオキシンの発生源となる塩素を含んでおりません。また燃焼時に発生する燃焼カロリーが低く、ポリプロピレンの半分程度。そのため燃焼炉にもやさしい素材です。

PET製品の画像

PP

正式名:ポリプロピレン

【環境対応型のクリアパッケージ】
独自の結晶コントロ-ル技術と表面加工技術によって、従来素材に匹敵する高透明性を、環境に優しいPP素材で実現。PPならではの優れたヒンジ特性はそのままに、滑り、印刷、接着、箱起こしなどの加工適性を大巾に向上させ、経済的な加工・製函を可能にしました。

【優れた加工適性】
これまでのPP素材で課題とされてきた、滑り・印刷・接着・箱起こしなどの加工適性を解決。従来並みの加工・製函が可能です。

【PP独自のヒンジ性】
10万回以上とも言われるPPのヒンジ特性。スーパーピュアレイの透明性は、圧延技術で発現させたものではないので、シートに歪みや配向がなく、全方向に対して、優れたヒンジ特性を保持しています。

ポリプロピレン製品の画像

ブリスターパック

片面を比較的堅い材質の板状のものを使う薬の包装や厚紙を台紙とし商品名などを印刷し、商品を板状のプラスチックをバキュームフォームなどで成型し囲み込み台紙に接着した、またはスライド式着脱可能な包装のこと。

通常、透明なパッケージとして、中身の商品を見せたい場合に多く使用される。瓶詰めや箱詰め包装より製造コストは少なく、購入者は商品を見て選べるなど利点がある。店頭の陳列も棒状のバーをパック上部の穴に通し複数重ねて前後方向に並べられる事が多い。

ポリ塩化ビニル製品の画像

ディスプレイ

これから売り出す商品をアピールする、既存のサービスなどをより広く知ってもらう、または企業のイメージアップをする等を目的とするディスプレイ。様々な商品を陳列する物や、商品を引立たせるPOP等、プラスチック素材を加工し効果的に陳列・展示・演出する物を取り扱っております。

ディスプレイ

卓上カレンダー

PET樹脂の板を折り曲げ加工して作成するカレンダーケースです。
軽量の為、送付の際のコストが軽減でき、1年を通して長く使用できます。
中の印刷物を邪魔することなくきれいに卓上できます。

卓上カレンダー